2020.10.7

2020.10.10

資金ショートとは?その原因と対策についてご紹介!

事業における資金ショートは倒産につながってしまいますが、それを未然に防ぐためにも資金繰りを把握することは大切です。

しかし、経営者のなかには資金ショートについてしっかり把握できていない方もいるのではないでしょうか?

本記事では、資金ショートの概要とその原因について解説していきます。また、資金繰り対策方法も併せて紹介しますので、是非ご覧ください。

資金ショートとは?

資金ショートとは、端的に手元資金が不足することを意味します。ショートは皆さんご存知の通り、短いという意味を持っていますが、実は「不足」という意味もあります。

資金ショートになれば必然的に運転資金は不足しますし、取引先や借入先への支払いも滞って、信用を失う事態にもなりかねません。

では、なぜ資金ショートが起きてしまうのか?その原因を見ていきましょう。

資金ショートが起こる原因

まず資金ショートの原因として、キャッシュフローを把握していないことが挙げられます。

損益計算書を見たときに、利益が出ていて黒字であれば安心する方は多いでしょう。しかし、黒字の場合でも手元資金が不足することは起こり得るので、注意が必要です。

なぜそれが起きるかというと、売上の中に売掛金や受取手形といった「未回収」の売上が含まれていて、すぐに現金化できないからです。売上が現金になるまで数ヵ月かかるため、仕入れ原価、人件費などの経費は先払いしなくてはならず、資金が不足してしまう場合があります。

経費の増大が原因となる

その他の大きな原因として、経費の増大が挙げられます。会社を経営して事業を拡大していくにつれ、経費は少しずつ増えていきます。

賃借料、人件費は毎月一定の金額であることが多いですが、仕入れ原価は材料費の高騰により増大することもありますし、顧問料やリース契約料なども増えているかもしれません。

経費が増大すると資金ショートに直結してきますので、それぞれ必要な経費なのかという点を定期的に見直していくことは重要です。

在庫の抱えすぎが原因となる

モノを販売する商売の場合、商品の在庫を抱えすぎも資金ショートにつながります。

在庫は賃借対照表上で棚卸資産として計上されますが、現金を支払って仕入れた在庫は、もちろん販売することによって現金が戻ってきます。

まとめて商品を仕入れると単価が安くなるという事情もありますが、在庫の抱えすぎには要注意です。

資金ショートを防ぎ黒字倒産を回避するには

ここまで資金ショートの主な原因について解説してきましたが、資金繰り対策で黒字倒産を防ぐ方法がありますので、続いて見ていきましょう。

経費の削減

資金ショート対策として、黒字倒産を防ぐために取り組むべき方法は経費の削減です。

経費の削減を行う上で、重視すべきポイントは3点あります。

最初の1点は、「実施までのスピード」です。経費削減の実施はいつまでにできるのかを現実的に考えてみましょう。

2点目は、「削減金額の大きさ」です。その経費を削減することで、いくらの経費がセーブされるのかを確認しましょう。

3点目は、「経費削減リスク」です。顧問料や外注費などを削減した場合、それに伴って発生するリスクが生じないかを確認します。

たとえば、社員への給料を削減してしまうと、社員のモチベーションや生産性が下がるリスクもあるので、それらを慎重に考慮する必要があるということです。

上記の3点を踏まえて、コスト削減による問題が生じないと確認できれば、実施に移りましょう。

まとめ:資金ショートとは?その原因と対策についてご紹介!

今回は、資金ショートの概要とその原因・対策について解説してきました。

資金繰りを把握することが、いかに健全な運営において必要であるかが理解できたことでしょう。

資金ショートは、その原因を認識して対策をとることで防げますので、今回の内容を参考にしていただければと思います。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

会社倒産手続き.comをご覧の皆様へ

会社倒産手続き.comは、倒産〜復活にかけての道標を示すメディアです。経営者が第二の挑戦をすることを前提に、「終わり方」について参考となるデータと情報を提供していき、倒産〜復活のフローに関して、様々な道筋での援助方法ご提案します。

無料相談はこちら