2020.10.2

自己破産の手続きにかかる期間は?手続きの流れも解説!

自己破産は滅多に行う機会がないため、いざ自己破産を検討し始めると分からないことが多く出てきますよね。

基本的な情報である「自己破産にかかる期間や費用」「自己破産手続きの流れ」なども知らない方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、自己破産手続きにかかる期間や流れについて詳しく解説していきます。

自己破産手続きの流れとは

自己破産の大まかな流れとしては、以下のようになります。

  1. 弁護士への相談→依頼
  2. 債権者への受任通知
  3. 自己破産申立の書類準備
  4. 破産審尋→破産手続き
  5. 免責審尋→免責許可の決定

では、1つずつどのような手続きを行うのか詳しく見ていきましょう。

弁護士への相談→依頼

まずは、弁護士や司法書士といった自己破産の専門家に相談してください。

インターネットなどで債務整理に強い弁護士を探して、相談をした上で破産手続きの依頼を行います。

債権者への受任通知

依頼を受けた弁護士は、債権者に対して「受任通知」を行います。

受任通知とは「自己破産手続きの依頼を受けた」ことを債権者に伝える手続きで、法的拘束力もあるため、債権者はこの時点で取り立てや請求ができなくなります。

自己破産申立の書類準備

次に、自己破産を裁判所に申し立てるための書類を準備していきます。

自己破産の書類準備はかなり複雑で大変な作業になるため、弁護士に任せながら提示された資料を揃えていくといいでしょう。

破産審尋→破産手続き

自己破産の申し立てを行うと、裁判所での「破産審尋」が行われます。

借金の内容や自己破産までの経緯など事情を説明し、問題がなければ破産手続きが開始されます。

破産管財人による財産の処分や債権者集会が行われていきます。

免責審尋→免責許可の決定

次に、債務を免責にするための「免責審尋」が行われます。

こちらは基本的に形式的な確認のみで済み、これに通過すると免責許可が下りて借金の返済義務がなくなります。

以上が自己破産の基本的な流れになります。

自己破産の手続きにかかる時間を減らす方法

自己破産手続きに要する期間は、手続きの内容によっても大きく異なりますが、3ヶ月程度で済むケースもあれば、6ヶ月程度かかる場合もあります。

長い期間がかかってしまうので、手続きをスムーズに進めていくためのポイントを押さえておきましょう。

最も重要な点としては、必要書類を正確かつ迅速に集めることです。

給与明細や源泉徴収票、銀行口座の利用履歴、保険や自動車、不動産に関する資料など、自己破産の申し立てに必要となる書類を速やかに集め、内容などに不備のないようしっかりと確認も行ってください。

自己破産には数多くの書類が必要となるため、これをスムーズに用意できるかどうかで要する期間は異なってきます。

自己破産の手続きにはどのくらい費用がかかる?

自己破産手続きにかかる費用は以下のようになっています。

  • 申立手数料:1,500円
  • 予納金:破産の種別によって異なる
  • 予納郵便代:3,000〜15,000円
  • 弁護士費用:破産の種別によって異なる

予納金とは、自己破産手続きを行う際に裁判所に対して支払うお金で、破産の種別によって金額が異なりますが、ほとんどのケースでは数万円程に収まるでしょう。しかし、負債額によっては数十万円かかるケースもあります。

弁護士費用も基本的には30万円程度と考えればいいでしょう。破産の種別によっては100万円以上かかる可能性もありますが、このようなケースは稀です。

まとめ:自己破産の手続きにかかる期間は?手続きの流れも解説!

今回は、自己破産手続きにかかる期間や流れなどについて解説しました。

自己破産を検討する際は、具体的な手続きの流れや要する期間、必要な費用を頭に入れた上で行うようにしてください。

弁護士と相談しながら書類に不備がないようしっかり準備をすることが大切です。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

会社倒産手続き.comをご覧の皆様へ

会社倒産手続き.comは、倒産〜復活にかけての道標を示すメディアです。経営者が第二の挑戦をすることを前提に、「終わり方」について参考となるデータと情報を提供していき、倒産〜復活のフローに関して、様々な道筋での援助方法ご提案します。

無料相談はこちら